もう1つのこだわり

目で食す。

料理は見て良し、食べて良しが揃ってこそ。

熊野路荘の料理を引き立ててくれる器、お箸にもご注目ください。

こだわりをちょっとご紹介。

吉野桧の六角箸

お箸を1本1本よく見ると六角形の形をしています。奈良県吉野町のお箸屋さんの「吉野桧の六角箸」です。手に馴染みの良い、使いやすいお箸です。

1本の箸が出来上がるまでにはたくさんの工程と手間ひまがかかっています。仕事が丁寧で優しくステキなSさんの六角箸にもぜひ目を向けてください。

器の味わい

器は色・形・大きさ・絵柄はどれも様々。その1つ1つの食器の特徴を活かして料理を盛りつけると見た目にも楽しい食事になります。熊野路荘ではすべて料理と器とのバランスを考えて盛りつけています。

また使用する器の多くは明治〜大正・昭和のものです。染め付け、印判の磁器、陶器、漆器など色々あり器の味わいが感じられます