歴史感じる落ち着いたお部屋

部屋

熊野路荘のメインとなる奥座敷・純和室のお部屋です。

欄間細工、吉野杉の柾目の柱、数々の調度品、100年の時を経たからこそ醸し出される歴史の重厚感が漂います。

この8畳の床の間と6畳間の2間(2〜3名様)を基本としてご利用いただいております。

部屋
(冬にはこたつをお出しします)


こちらは畳廊下をはさんで奥座敷の隣にある6畳2間(2名様)のお部屋です。

純和室の奥座敷とは趣が異なり、あえてカジュアルテイストを加えて和モダン風にしました。

気を張らず、のんびりくつろげる我が家といった印象です。


  • グループのお客様のご利用の場合

グループのお客様には人数(6〜7様まで)応じてこれら4つのお部屋を組み合わせてご用意いたします(お部屋のレイアウトは写真と変わる場合があります)

夏場には襖をはずします。京間のため広く、開放感のある広間となります。

また8〜12名様までのグループのお客様にはお得なプランをご用意しております



こちらは6畳1間(1名様)のお部屋です。

洋ベッド・リクライニングチェアーとともに古い生活道具や古布を使ってお部屋をアレンジしました。

小さいテーブルは昔、実際に使っていた「やぐらこたつ」です。

 



「コーヒーいかがですか」

陽当たりのいい小さいお部屋をミニサロンにしました。手作りの木製ソファーも置いてあります。

 

本棚には吉野や紀州に関する本の他、雑学本や写真集をそろえてあります。コーヒーもご用意しておりますので、ご自由にご利用ください。