歴史感じる落ち着いたお部屋

部屋

熊野路荘のメインとなる奥座敷・純和室のお部屋です。

欄間細工、吉野杉の柾目の柱、数々の調度品、100年の時を経たからこそ醸し出される歴史の重厚感が漂います。

この8畳の床の間と6畳間の2間(2〜3名様)を基本としてご利用いただいております。

部屋
6畳間には古い長持と箪笥が飾られています。


こちらは畳廊下をはさんで奥座敷の隣にある6畳2間(2名様)のお部屋です。

純和室の奥座敷とは趣が異なり和モダン風にしました。のんびりくつろげる田舎のおうちといった印象です。


  • グループのお客様へ

熊野路荘は基本的に5名様までのお客様にご利用いただいておりますが、6〜8名様のグループのお客様にはサービスの内容を変更し、一部お願いする形で通常より料金を下げたこちらのプランをご用意しております。

なお、お部屋は人数に応じてこれら2つのお部屋を組み合わせて1つの相部屋にしてご用意いたします(お部屋のレイアウトは写真と変わります)



一人旅のお客様にはこちらのお部屋をご用意いたします。

京間6畳1間(1名様)のお部屋です。

洋ベッド・リクライニングチェアーとともに古い生活道具や古布を使ってお部屋をアレンジしました。

京間約5畳(1名様)のお部屋です。

国産桧のベッドと手作りの木のテーブルで和洋室のお部屋にアレンジしました。

 



※ 客室は全室禁煙す。指定場所での喫煙にご協力ください。


「コーヒーいかがですか」

陽当たりの良い小さなお部屋をミニサロンにしました。手作りの木製ソファーも置いてあります。

本棚には吉野や紀州に関する本の他、雑学本や写真集をそろえてあります。コーヒーもご用意しておりますので、ご自由にご利用ください。